女を口説き落とす

ラブホの失敗しない選び方~初心者が事前にチェックすべき17のポイント

ラブホの選び方

ダイスケ
「価格や場所、外観や口コミなど情報はたくさんあるけど、ラブホってどうやって選べばいいの?」

特にあまりラブホを使ったことがない方や初めてラブホを利用する方はどうやってラブホを選べばいいのか難しいですよね。

内装や清潔感が大事と言われても、部屋の雰囲気は実際に行ってみないことにはわからないですし・・・。

私もよくラブホは利用していますが、外観はキレイで値段もそこそこなのに部屋に入ると意外と狭いし設備も古い・・・なんてことも少なくありません。

こればっかりは実際に行ってみないとわからないのですが、とはいえ出来るだけ事前に見極めて失敗したくないですよね。

ということで、今回は僕がラブホを選ぶ際に、どこに注意して見ているか?というラブホを見極めるポイントを紹介していきます。

100%というわけではありませんが、少なくともハズレのラブホを引いてしまう確率はグッと減るはずですので、ぜひ参考にしてみてください^^。

目次

ラブホテルを選ぶ前にまずは場所(エリア)と予算、そして重視する点を決める

ラブホ 選び方 料金 場所

ラブホテルを選ぶ前にまずは場所(エリア)と予算を決めておきます。

場所に関しては相手の女性とのシチュエーションで変わってくるかと思います。

彼女とのドライブデートなどであれば比較的、遠い郊外などのエリアでもOKですが、僕のように出会い系やマッチングアプリの女とラブホに行くケースでは徒歩圏内で行けるラブホ街を選ぶ必要があります。

また、知り合いに会う可能性が高い場所も避けておきたいですよね。

そして場所が決まれば、その次に決めるのが予算です。

基本的には一般的なホテル同様に、価格とラブホのグレードは比例します。

あとは、どこまで自分が費用をかけられるのか、その上限額を決めておきます。

値段に関してもやはり相手の女性との関係性(彼女、狙っている女、出会い系ワンナイト、セフレなど)でも変わってくるでしょう。

そうして場所と価格の上限を決めた上で、「じゃあ、何を基準にラブホを選ぶのか?」という問題になります。

一般的にはサービスタイムの長さ、部屋の広さや雰囲気、設備やサービスの充実度...etc。

重視する点は人それぞれ変わってくるかと思います。

当然ながら全てを満たすラブホテルとなると高級ラブホや、かなり人気のラブホで常に満室状態という可能性が高くなりますよね。

ですので、アナタの中でどの項目を重視するか、ある程度優先順位を決めておくとラブホ選びがスムーズになります。

ラブホ選びで失敗しないために事前にチェックするべき17のポイント

では、立地や価格以外で事前にラブホを選ぶ際に、どういう点をチェックしていくかを具体的に1つずつ解説していきます。

東京や大阪など主要な都市部と私が住んでいるような地方ではラブホ事情も大きく異なりますので、その辺はご自身に当てはめながら参考にしてもらえればと思います。

予約可能かどうか(※宿泊の場合)

ラブホテル 予約

女性とラブホに行く時に1番避けたいのが、

「ラブホがどこも満室で探すために歩き回る」

これが1番最悪ですよね。

彼女ならまだしも、僕のように出会い系などマッチングアプリで今日初めてセックスする女の場合、マジで最悪のパターンです。

特に週末やイベント時には、人気のラブホテルに入るのは至難の業。

ラブホ街はどこも満室で結局、値段は高いのに古くて汚いラブホしか空いてなかった・・・なんて経験はよくある話です。

ですので、可能であれば前もって予約しておくに越したことはありません。

ただし、当日セックスするという確信がないと予約できない(通常、当日はキャンセル料発生する)ので、そこが悩みどころではありますけどね。

ちなみに、ラブホの予約はアプリから簡単にできます。

サービスタイム(フリータイム)の内容

ラブホテル サービスタイム

ご存知かもしれませんが、ラブホテルは「休憩」「サービスタイム(フリータイム)」「宿泊」の3種類のコースに分かれているのが一般的で、その中でも料金も安くて時間が長くてお得なのがサービスタイムです。

自分も極力、このサービスタイムの時間帯を狙って利用するようにしています。

ただ、このサービスタイムもホテルによって時間や料金設定が様々なので、ラブホを選ぶ際の大きなポイントになります。

また、休憩に関しても最近はラブホテルによっては時間設定が様々(一般的には3時間)で、利用する時間帯や時間の長さによっては、サービスタイムよりお得なケースもあります。

ですので、自分自身が何時から何時まで、どれくらいの時間利用したいかを事前に明確にした上で、どのラブホがお得なのか確認しておきましょう。

徒歩圏内に別のラブホがあるかどうか

ラブホ 選び方 徒歩

車でラブホに行く場合はあまり関係ないですが、徒歩移動の場合、目星をつけていたラブホテル以外にも近隣にラブホが数軒あるかどうかは重要なポイントです。

人気のラブホテルの場合、平日の昼間でも満室になっているケースも多々あります。

お目当てのラブホが満室だった場合、その近くにラブホテルがないと長い時間かけて次のラブホテル候補まで歩く、もしくはタクシー移動する羽目になってしまいますよね。

いわゆるラブホ難民ですね^^;

折角いい感じで盛り上がった気分や楽しみな気持ちも台無しになってしまいます。

ですので、最初からデート場所をラブホテル街のあるエリアにするか、もしくはそうでなくてもせめて徒歩圏内に1~2軒は別のラブホが欲しいところですね(宿泊ならシティホテルも視野に入れておく)。

外観のキレイさ

ラブホ 選び方 外観

外観がキレイだから必ずしも部屋もキレイとは限らないですが、ある程度、外観と中身が比例しているケースが多いのも事実です。

ですので、事前にラブホ検索サイト(ハピホテやカップルズなど)で確認したり、掲載がない場合はグーグルのストリートビューなど使って外観は必ず確認しておきましょう。

もちろん、部屋の中の画像もあれば、併せてチェックしておきます。

チェーン系やグループ会社はハズレにくい

ラブホ 選び方 チェーン系

ラブホテルも一般的なシティホテルや飲食店などと同様にチェーン展開しているラブホテルの運営会社が数多くあります。

東京で有名なところだと「バリアングループ」や「JHTホテルグループ」「ホテルWグループ」「ホテルスリースターグループ」などなど。

その他にも、地方で何店舗が運営しているようなチェーン系のラブホまで含めると相当な数があると思います。

そういったラブホを複数経営しているチェーン系の企業のラブホの特徴は、設備や衛生面、接客など、ある程度まとまっているので、大きなハズレを引く可能性は低いですよね。

地方だとラブホの名前だけだとイマイチ系列店かどうかわかりづらいケースもあるので、ネットで検索して調べておくといいと思います。

ただ、当然ながらそういった店舗展開しているラブホは人気が高い傾向があるので、週末などは満室で入れないことも多いです。

自店のホームページを持っている

ラブホ 選び方 ホームページ

チェーン系のラブホテルは当然もっていますが、そうでないラブホの場合には自店のラブホのホームページの有無を調べるのも選び方のテクニックの1つです。

当然かもしれませんが経験上、ホームページがないより、ある方が優良なラブホテルであることが圧倒的に多いですね。

特に地方は結構、自前のホームページを持っていないラブホが多いので、チェックしておくといいと思います。

ビジネス利用OKや女子会OKのラブホ

ラブホ 選び方 女子会

「ハピホテ」とか「カップルズ」とかラブホ検索サイトを見ていると、「ビジネス利用可能」「女子会OK」「家族OK」などなど、ホテルの紹介文に書いてあるホテルがあるかと思います。

そういったラブホホテルはだいたい、部屋も広くてキレイで、内容や雰囲気がよくて清潔感あるケースが多いです。

基本的にはチェーン系のラブホに多く、人気も高いですが、こういったワードがあるラブホは選ぶ優先順位は高いですね。

口コミをチェック

ラブホ 選び方 口コミ

ラブホの口コミは「ハピホテ」「カップルズ」などラブホ検索サイトでも読めますし、その他にも「Booking.com」(ホテル予約サイト。ラブホも検索も可能)や「Google Mapのクチコミ」にも書いてある場合があります。

東京や大阪なんかの主要な都市部のラブホテルだと口コミも多いため、「評価の点数=優良ホテル」という感じでそのまま捉えても間違いではないでしょう。

ただ、私のように地方だと一部の人気ラブホテルを除いては、口コミの数が極端に少ないので偏った評価になりがちで、あまり参考にならないことが多いです。

また、一部のラブホテルではスタッフなどが口コミをレビューしているという話(※実際にラブホで働いてた人に聞きました)もあります。

ですので、その辺りも考慮しながら、口コミはあくまで参考程度にして鵜呑みにし過ぎないことも必要だと思います。

実際に僕も口コミですごく評価高いのにも関わらず、行ってみると接客も悪いし、サービスもイマイチ・・・なんてことも数多く体験してますからね。

新しい(リニューアルも含む)ラブホテル

ラブホ 選び方 新しい

ラブホテルで気になる点として設備面は重視する人は多いと思います。

ラブホテルって結構、年季が入っているところも多くて、お風呂場の水圧が弱いとか排水溝の流れが悪いとか、部屋がかび臭いとか、割と頻繁にありますからね。

実際には自分が利用しないとなかなか分からない部分ではあるのですが、新しいラブホテルやリニューアル後のラブホテルであれば、少なくとも設備面や衛生面で失敗するリスクは抑えることができます。

部屋やお風呂場の写真をチェック

ラブホ 選び方 写真

ラブホテルの部屋の写真をみれば、何となくですがどういった雰囲気なのか感じがつかめるので安心できますよね。

部屋の広さ、内装、ベッド、お風呂の大きさ、照明、その他の設備の諸々。

写真を見ればだいたいイメージができます。

ですので、公式のホームページを持っているラブホテルや、「ハピホテ」「カップルズ」などで画像付きで紹介されているラブホに関しては、写真を確認しておくのはマストです。

自前でホームページがないラブホテルなどは、googleの画像検索を使えば、部屋の画像などを見ることが出来る場合もあるので調べておきましょう。

逆にそれでも部屋の写真が探せない場合は、リスクが高いので避けておく方がいいでしょう。

事故物件でないか調べる

ラブホ 選び方 事故物件

気にならない人は関係ないですが、僕はすごく気になるので絶対に事故物件かどうか調べます。

ラブホテルってホントに過去に事件があったケースってめっちゃ多いですよね^^;。

殺人、無理心中、自殺...etc。

何回も名前変えているホテルとか、かなり怪しいですし。

私も以前、職場の近くにラブホテルがあって何度か利用していたのですが、霊感強い友達がカップルが「絶対にアソコのラブホはやめておいた方がいい」というので、それから利用するのをやめました。

そうすると、案の定、また殺人事件があったんですよね^^;(当時、ローカルニュースになりました)。

なので、僕は必ずそのラブホが事故物件でないかどうか調べることにしています。

調べる方法は簡単で「大島てる+地域名」で検索して調べればすぐわかりますし、あとは、ヤフーの検索窓にホテル名を打つと、

ラブホ 選び方 事故物件

こんな感じで「幽霊」「心霊」など関連するキーワードが出る場合があるのでチェックしておきます(※出たから必ずそうというわけではないですけどね)。

ちなみに僕は超怖がりなので、普通のシティホテルでもいつも必ず検索していますm(__)m

ホテルや部屋ごとにコンセプトやテーマなどがある個性的なラブホテル

ラブホ 選び方 部屋 コンセプト

大手のチェーン系のラブホテルや高級ホテルに多いですが、ホテル全体や部屋ごとにテーマやコンセプトがあるラブホがよくありますよね。

そういったこだわりとか遊び心があるラブホテルは設備も充実していますし、清潔感があって女子ウケが良いホテルばかりです。

また、初めてエッチする女性との利用であれば、会話のきっかけにもなって便利なんですよね。

ただ、そういったラブホは人気があるので満室が多く、価格も高い場合がほとんどですので、利用するかどうかは予算との兼ね合いではありますが・・・。

付き合いたての恋愛カップルや狙っている好みの女の子をラブホへ誘う際には事前に予約して1度使ってみるといいと思います。

アメニティの充実度をチェック(※宿泊の場合のみ)

ラブホ 選び方 アメニティ

公式サイトがあるラブホや「ハピホテ」「カップルズ」などで掲載されている一部のラブホテルはアメニティグッズをチェックできますよね。

我々男性はどうでもいいポイントなのですが、女性はアメニティはすごく重視するポイントですので、大事なチェックポイントです。

とはいえ、アメニティに重要度の比重が高いのは宿泊の場合のみ。

休憩やサービスタイムで利用するなら、別にホテルで化粧落とすわけでも髪を洗うわけでもないので、さほどラブホを選ぶ条件の優先順位としては高くないでしょう(男子的にはですけど)。

食事の有無(※宿泊の場合のみ)

ラブホ 選び方 食事

最近のラブホテルは朝食がついている上に、内容もビュッフェスタイルなど充実しているラブホも数多くあります。

宿泊であればそういった豪華な食事のサービスがあるのも1つ女性が喜ぶポイントになるでしょう。

女と食事する場所からのラブホまでの距離が徒歩圏内かどうか

ラブホ 選び方 徒歩

私の場合は食事する場所からではなく、ラブホから逆算して徒歩圏内(5分~10分以内)のお店を選ぶようにしています。

出会い系などマッチングアプリで会ってラブホに連れ込むパターンが多いので、徒歩圏内にラブホがあることは必要事項ですからね。

もし、食事する場所を優先して決めた場合でも、可能であれば徒歩圏内、もしくはタクシーで数分程度の場所にラブホテルが数軒あるのがベストですね。

コスプレやアダルトグッズの無料貸し出し

ラブホ 選び方 コスプレ

普段はなかなか言い出せないコスプレやアダルトグッズを使ったセックスを楽しめるのもラブホテルの醍醐味ではないでしょうか。

女性も普段は躊躇していても、ラブホに来るとその雰囲気でノリノリで受け入れてくれるケースも少なくありません。

最近は比較的、新しいラブホテルであればコスプレやアダルトグッズの無料貸し出しを行っていることも多く、フロントに電話すれば部屋まで持ってきてくれたりします。

また、電マが全室設置しているラブホテルも最近、よく見かけますよね。

ラブホ選びの必須チェックポイントではありませんが、普段できないセックスを楽しめたり、マンネリ解消にも役立ちます。

設備や無料サービスの確認(※宿泊の場合)

ラブホ 選び方 設備

最近のちょっとオシャレなラブホテルなどは設備面のサービスでも、「岩盤浴」「プール」「露天風呂」「サウナ」などが部屋専用で備え付けられています。

また、無料サービスも充実していて「朝食や夕食」「VOD」「フリードリンク」「ウェルカムドリンク無料」などなど、至れり尽くせり。

休憩で女とセックスするだけなら、そこまでの設備やサービスの充実度は必要ないかもしれませんが、宿泊ならラブホ内で遊べて女性もs最高に喜びますよね。

ただ、当然ながら、こういった設備やサービスが充実しているラブホテルは人気もありますし、価格もそれなりに高いので、宿泊なら週末などは可能であれば予約しておく方が無難ですね。

ラブホの部屋を決める際のポイントや注意点

ラブホ 選び方 部屋

ラブホ選びが決まっても、次にどの部屋にするかを決めなくてはいけないですよね。

大半のラブホテルは部屋のグレードによって料金も違いがあり、値段が高い部屋ほど広くて、設備も整っています。

では、どのグレードの部屋を私たちは選べばいいのか?

これは相手の女性との関係性にもよりけりですが(彼女or好きな女性orヤルだけ...etc)、だいたい

  1. 女性に選ばせる
  2. 真ん中、もしくは真ん中よりちょっと下くらいのグレード
  3. 最安値の部屋

この3パターンを選択する男性が多いようです。

個人的には経験上、週末や人気のラブホテルでは最安値の部屋はすでに埋まっているケースが多いですね。

仮に空いてても見栄張って、少し上のグレードの部屋を選んでしまいそうではありますが^^;。

さらに、女性に選ばせるパターンも、私の場合はラブホに行く女って出会い系などマッチングアプリで会った女であることが多いので、よほど可愛くない限りはないですね。

ワンナイトで性欲をぶちまけるだけなので、高い部屋とか選ばれたらたまったもんじゃないですからね。

逆に彼女やセフレならほぼ、女性に選ばせることが多いですし、狙っている女性であれば余裕ある男性を演出するために選ばせてもいいと思います。

なので、僕自身の場合は、真ん中からちょっと下くらいのグレードの部屋を選ぶケースが1番多いですかね。

ラブホが決定した後はできれば下見をしておくとベター

ラブホ 下見

ラブホが決定した後は、必ずホテルの場所の確認して、出来れば下見をしておく事をおすすめします。

特に彼女以外の女性とラブホに行く男性やラブホの利用が初めての男性の場合は強くおすすめしたいですね。

というのも、ラブホ街は似たような外観や名前のホテルがズラっと並んでいて、地図で確認していても実際に行ってみると、場所がどこかわからずに迷うことがよくあります^^;。

小さなラブホテルだとそもそも地図に載っていないケースもありますし、ラブホ街って脇道とか細い路地とかも多いので尚更わかりづらいんですよねぇ。

僕の場合は、初めて行くエリアのラブホテル街の場合は、待ち合わせ場所に早めに到着して、デート前に自分がチェックしておいたラブホの場所を下見しておきます。

夜に知らない場所で、しかも今からセックスする為にホテルに連れ込む女が横にいる状態だと、ラブホ初心者はテンパる可能性大です。

彼女なら一緒に探しながらラブホ街を歩くのも悪くないかもしれませんが、そうでない女性の場合は出来るだけスムーズにラブホへ誘導することが肝心ですので、事前の下見はやっておくことをおすすめします。

どうしても部屋の内装や雰囲気が気になる場合はデリヘル使って下見しておくことも・・・

ラブホ 下見 デリヘル

結局、そのラブホの部屋の雰囲気とか内装、あとは従業員の接客などは行ってみないとわからないことが多いですよね。

それでも、どうしても事前に部屋をチェックしておきたいという場合は、デリヘルと遊ぶついでに1度利用しておくのも手です。

その時に、デリヘル嬢に

ダイスケ
この辺のラブホでおすすめある?

なんて質問すれば

女性
○○とかすごくキレイでテンション上がるわー

と大抵は教えてくれるので(人気の嬢やベテランの嬢なら)

他のラブホの情報収集もできる可能性もあります。

宿泊ならラブホテルではなくシティホテルという選択肢もアリ

ラブホ 選び方 シティホテル

何となくですが、「女とセックスする=ラブホテル」と考えがちですが、宿泊なら別にシティホテルでも全然アリです。

むしろ、ラブホテルよりシティホテルの方がいいという女性の方が多いですからね。

価格的にはラブホの方が一般的には安いですが、ホテルや曜日によってはハイクラスなシティホテルの方が安い場合も多々あります。

私も宿泊でラブホを選ぶ際には、必ず最寄りのシティホテルの価格もチェックしています。

ラブホテルは予約不可のホテルも多いですが、シティホテルならその心配も要らないですしね。

また、シティホテルの方が立地もいい場所が多いですし。

特にラブホテルにこだわる必要がなければ、相手の女性と相談してどちらにするか決めるといいのではないでしょうか。

まとめ~必ず事前にリサーチして候補のラブホをいくつか頭に入れておく

ラブホ 選び方 まとめ

ラブホを選ぶ際に主に重視する点は、

  • 価格
  • 場所(立地やエリア)
  • 部屋の雰囲気や設備

この3つかと思います。

この中で価格と場所に関しては自分と相手の都合やシチュエーションに合わせて事前に選べるので特に問題はないでしょう。

ただし、部屋の中身に関しては実際に行ってみないと本当のところはわからないのが実情です。

口コミで評価が高いラブホでも行ってみたら、清掃は甘いしシャワーの水圧が弱いし、スタッフの積極が悪い・・・なんてことは普通にあります。

逆に外観は普通だけど、中に入ったら部屋は広いしキレイで設備も充実していたケースもあります。

ですので、事前に知るためには、この記事で紹介したように、写真をみたり、口コミをみたりして推測するしか方法はありません。

だいたいリサーチして良さげなホテルや口コミ評価が高いラブホは、みんなも知っていて人気も高く、週末は満室で入れないことも多いです。

ですが、その時に2番手、3番手のラブホ候補が頭にあるのか、もしくは適当にその辺のラブホに入るのか、そこが事前のリサーチ力の差がでるところだと思います。

女性は「場所の価値(値段)=自分への価値」という捉え方をする人が多いので、ラブホ選びもその後の女性との関係性や印象に少なからず影響してきます。

出来るだけ、事前にリサーチをしておくことで、有事の際にもスマートに女性をラブホへ誘いたいものですね^^。

 

 

 

管理人が使っている出会い系アプリ

PCMAX

PCMAX

僕がワンナイトラブやセフレ作りなど1番使っている出会い系アプリは「PCMAX」です。 特に人妻やシングルマザーなど30代40代の大人の女性を狙うなら1番おすすめですね。 1日1回の投稿が無料の掲示板と僕の得意な日記(これも無料)を使うことでコストも1セックスあたり100円以下でゲットできることも多々あります^^ 絶対に押さえておきたい出会い系アプリですね。

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールも僕がメインで使っている出会い系アプリです。 PCMAXよりも若い20代30代の女性とセックスるならハッピーメールの方が食いつきはいいですね。 掲示板投稿は有料ですが、プロフィールは見放題なのでコスト的にはPCMAXと結果的にはそんなに変わりません。 日記の審査基準がPCMAXより厳しいので僕の戦略上ではちょっと攻略しづらい点もありますが、会った人数だけなら出会い系の中でNO.1です。

ワクワクメール

ワクワクメールも出会い系初心者にはピッタリの出会い系アプリです。 登録時に貰える1200Pだけでも十分、無料でセックスできる相手を募集して見つけることが可能。 さらにプロフィール見放題、1日1回掲示板投稿も無料なのでPCMAXとハッピーメールのいいとこどりですよね^^。 知名度と会員数こそ2大出会い系アプリと比較してしまうと負けてしまいますが、初心者はお得なので抑えておきたい出会い系アプリだといえます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ダイスケ

ダイスケ

ブログ管理人:ダイスケ 私はごくごく普通の40代前半の会社員です。 2年ほど前に妻と別れて現在はバツイチ。 とあることがきっかけで出会い系アプリを使ってみたところ、 1年間で30人弱の女性とセックスすることができて、現在セフレが4名います。

-女を口説き落とす
-,

Copyright© いまヤリ~大人の男の快楽追求型WEBマガジン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.